那田蜘蛛山:蜘蛛の鬼/バトル開始: 4

那田蜘蛛山の兄鬼

参加者: 我妻 善逸

蜘蛛の胴体に人間の頭がついている異形の鬼。母鬼を嘲笑っていた。普段は蜘蛛の巣で浮く小屋の中に居る。 自身の毒を受けたものを「蜘蛛」に変える血鬼術、および強酸性の毒液を吐き出す血鬼術「斑毒痰(ふどくたん)」を持つ。 山中で善逸と交戦。蜘蛛人間たちを使って善逸に毒を注入する。毒で衰弱しつつも突如雰囲気が変わった善逸に対して、警戒しつつ迎撃を行うも、それすら凌駕する「霹靂一閃 六連」で一瞬で斬首される。

戦績

我妻 善逸

那田蜘蛛山をビビりながらうろついていたところ遭遇。善逸でなくてもビビるほど異様な姿の兄鬼を前にして逃げ倒そうとするものの、すでに「蜘蛛にされる毒」を注入されてしまいただ逃げるわけにもいかなくなる。終始ビビり倒していたが、半覚醒状態になり「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 六連」で撃破する。

撃破しても毒がなくなるわけではなく、動けなくなっていたところを隠に救出された。