那田蜘蛛山:蜘蛛の鬼/バトル開始: 5

那田蜘蛛山の姉鬼

参加者: 胡蝶 しのぶ

白い着物を着た少女の鬼。掌から溶解性の繭を作りだす血鬼術「溶解の繭」を持つ。 一見おとなしそうに見えるが、実は自分さえ良ければ良いという自己中心な性格で嘘を平然と吐く、狡猾で卑劣かつ極悪な利己主義者。元々強い鬼ではないため、累に捨てられることを恐れており、彼が禰󠄀豆子に興味を示した際は必死に自分が「姉」であることを主張する。 アニメ版では自分の姉を演じていた鬼に計画を話され共に脱走したが、既に計画を告げ口していた為、「姉」の姉が処分された話が追加されている。 先遣隊の中で生き残っていた村田を、血鬼術の繭で包み溶かそうとしていたところ、胡蝶しのぶと遭遇。実力の差を見せつけられて命乞いをするが、嘘を見破られた上拷問を宣告された。反撃しようとするも、鬼殺しの藤の花の毒で毒殺される。

戦績

胡蝶 しのぶ

繭糸を難なくかわし、蟲の呼吸 蝶ノ舞"戯れ"によって藤の花の毒を注入し、撃破した。 戦闘後に溶解の繭に捕われた村田を救出した。