愈史郎ゆしろう

瀕死の状態から、珠世により鬼とされることで救われた青年。無惨由来ではない例外的な鬼。 少年の姿だが、実年齢は35歳。人を喰らわず、珠世よりも少量の血液を飲むだけで生きることが可能。珠世に心酔しており、珠世以外には攻撃的な態度をとる。

視界に関わる血鬼術を使用する。札術を応用した目隠しや、また札を対象に留めることで自身の視力を貸与することもできる。炭治郎の採血回収時は、術で姿を消した猫を遣わす。

無限城戦では、鬼殺隊士を装って、村田の班で救護と支援を担当。鴉に血鬼術を用いて、新お館様に偵察情報を提供する。

戦績一覧

  • 勝ち
    0
  • アシスト
    3
  • 引き分け
    0
  • 負け
    0
  • 浅草:鬼舞辻無惨との邂逅/バトル開始: 2

    炭治郎に目の能力を貸し、「紅潔の矢」が視認できるようにサポートした。 その後「鞠の女は任せろ」と言ったものの、手を出す前に珠代さんが片付けてしまった。

  • 無限城/バトル開始: 19

    鳴女の能力をハックして無惨の情報をコントロールした。 それに気付いた無惨が鳴女を殺害したので、無惨様の十二鬼月討伐アシストと言える。

    愈史郎がどうやって鳴女の背後まで接近したのかは気になるところ。

  • 最終決戦:鬼舞辻無惨/バトル開始: 20

    無惨のから受けた毒の解毒など、方々に渡って隊士をサポートした