栗花落 カナヲつゆり かなを

炭治郎の同期にあたる鬼殺隊の女剣士。16歳。才覚を認められ、蟲柱・胡蝶しのぶの「継子」となっている。胡蝶カナエと同じ花の呼吸の剣士。しのぶより体格と力に優れており、戦い方も異なる。

那田蜘蛛山では「隠」を率いて見事に指揮をとるも、蝶屋敷では漫然としていて、炭治郎でさえコミュニケーションがとれていない。この時点で「全集中・常中」を会得しており、「カナヲに勝つ」という課題の機能回復訓練において、(非実戦とはいえ)炭治郎たちはまるで太刀打ちできなかった。特殊な目を持っているらしいが詳細不明

全てにおいて「どうでもいいから何も決められない」という一種の虚無感を抱え、指示を受けたこと以外の行動はコイントスの結果で決めていた。炭治郎との出会いが、その胸中に一石を投じる。炭治郎と出会ってからは、コイントスをせず自分の意思で行動することも見られるようになり、成長している。

幼少のころ、実の親からの虐待の末何も感じなくなる。その後親に売られ、人買いが連れ歩いているところを胡蝶カナエ・しのぶ姉妹が保護し引き取った。カナエが「カナヲ」と名付け、前述の事情からコインを贈る。態度には出づらいが、胡蝶姉妹を自分の肉親と断言するほど心から慕い、後に二人を「姉さん」と呼ぶ。

戦績一覧

  • 勝ち
    2
  • アシスト
    0
  • 引き分け
    0
  • 負け
    0
  • 無限城/バトル開始: 16

    無限城では、しのぶが童磨に殺される様を見せつけられ、今まで抑えていたドス黒い感情が爆発し、童磨を侮辱する。そのまま戦いとなるが徐々に追い詰められてしまうものの、伊之助の乱入により二対一で戦う事になる。実は予めしのぶから作戦を聞かされており、戦いの中でしのぶの毒により体が崩れ始めた童磨の斬首に成功する。カナエの死に涙を流す事が出来なかった事を後悔していたが、カナエとしのぶの仇を取った後、二人の死に涙を流す。

  • 最終決戦:鬼舞辻無惨/バトル開始: 20