無限城/バトル開始: 16

上弦の弐・童磨

参加者: 胡蝶 しのぶ栗花落 カナヲ嘴平 伊之助

戦績

嘴平 伊之助

無限城でしのぶを喰らった後カナヲと対峙していた童磨と遭遇し、自分の出生と母・琴葉の存在を知らされる。カナヲと共闘の末、しのぶの毒で体が崩れ始めた童磨を斬首し、恩あるしのぶと母の仇を取る事に成功する。

胡蝶 しのぶ

無限城編で、上弦ノ弐・童磨と遭遇、姉の仇とわかり、交戦する。 だが毒も全力の剣技もおよばず、全身の骨を砕かれ、そのまま童磨の皮膚から吸収されて遺体も残らず戦死する。実は、童磨への執念で身体を作り変えており、全体重致死量の700倍と称するほどの藤毒の塊と化している。命を代償に、童磨に己を喰わせ、カナヲにとどめの斬首を託した。童磨の死後、その魂はカナエと共にカナヲを称賛した後、両親と再会を果たす。

栗花落 カナヲ

無限城では、しのぶが童磨に殺される様を見せつけられ、今まで抑えていたドス黒い感情が爆発し、童磨を侮辱する。そのまま戦いとなるが徐々に追い詰められてしまうものの、伊之助の乱入により二対一で戦う事になる。実は予めしのぶから作戦を聞かされており、戦いの中でしのぶの毒により体が崩れ始めた童磨の斬首に成功する。カナエの死に涙を流す事が出来なかった事を後悔していたが、カナエとしのぶの仇を取った後、二人の死に涙を流す。