那田蜘蛛山:蜘蛛の鬼/バトル開始: 4

那田蜘蛛山の母鬼

参加者: 竈門 炭治郎嘴平 伊之助

那田蜘蛛山で最初に登場した鬼。妖艶な女性の姿をしている。糸を使って人間を操る血鬼術を持つ。 元は幼女の鬼だったが、累の命令で容姿を変えて大人の女性の姿になっている。そのため、累の要求に応えきれないことが多く、「父」に暴力を振るわれ恐怖で支配されていた。度々元の幼女姿に戻る為に累にも虐待されており、母とは名ばかりで、家族で一番立場が低い。 那田蜘蛛山に入った鬼殺隊を操り同士討ちさせていたが、伊之助に位置を把握されたのち、炭治郎によって首を切られる。その際、累から解放されたい思いから一切の抵抗をせず、自ら首を差し出したことで、炭治郎に「伍ノ型・干天の慈雨」で情けを掛けられた。炭治郎が自分に向けた優しい眼差しから人間だった頃は幼女であり、今際の際には母親と思われる女性に愛情を受けていたものの、彼女を食い殺してしまったらしき事を回想している(しかし他の鬼と同様、人間時の記憶は今や薄れており、それが誰なのか思い出せないままであった)ことを思い出し、死に際に十二鬼月がいると注意を促しながら痛みのない穏やかな死に安らかに消滅した。

戦績

竈門 炭治郎

鬼の糸に操られている同胞をなるべく助けるために奮闘するものの、助けようとした同胞を全て殺されてしまう。 伊之助と共闘し、高所から母鬼の居場所を突き止めて伍ノ型 干天の慈雨にて撃破。

嘴平 伊之助

炭治郎と共闘。操られている鬼殺隊士も切ろうとするが炭治郎に止められる。炭治郎の「頭を使った戦い方」「力を合わせる戦い方」を見て対抗心を燃やし、炭治郎が母鬼を倒すアシストをした。